企業理念

「一人でも多くの障がい者雇用を創出し、社会に貢献する」

「Jobに、Joyを。」

企業が抱える様々な障がい者雇用の課題を解決しながら、 障がいのある方々が"仕事を通じて働く喜びを心から体感できる場所を提供したい" そんな想いから「わーくはぴねす農園」は誕生しました。

この弊社が生み出した「農業スキーム」は、 「安全・清潔」をモットーに、障がいのある方が 長期的に、安心して就業できる環境を整備し、 特に、知的障がいや精神障がいのある方に マッチした就労モデルとなっています。 また、農園は一般就労を基本としていることから、 障がいのある方の経済的な自立にも大きく貢献しています。 私たちは、「わーくはぴねす農園」を通じて、 ノーマライゼーションの実現を目指しています。

なぜ「農業」で障がい者雇用なのか

「農業」は、障がいのある方が安心して働く環境として最適です

農業は、自然の中で生活リズムを整えられ、農作物を育てることで、責任感や、やりがいを感じることができます。障がいのある方にとって自立を促すことができる、最適なお仕事です。特に、就労が難しいとされている知的障がい・精神障がいのある方にとっては、能力特性を活かすことができる最も働き易い環境のひとつであり、農林水産省も推奨しています。