お知らせ

全国22番目「わーくはぴねす農園Plus 」を東京都板橋区に新設致しました。

株式会社エスプールプラスでは、このたび 東京都板橋区に「わーくはぴねす農園Plus」を開設いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1. 農園開設の目的

 エスプールプラスでは、「1人でも多くの障がい者雇用を創出し、社会に貢献する」を企業理念として、障がい者の雇用創出を目的とした企業向け貸し農園「わーくはぴねす農園 」を運営しております。
農園は障がい者の安心安全に配慮したハウス型となっており、これまで9年間の障がい者の定着率は 92%を超えております。現在、農園を利用する企業は約 280 社まで増加し、1,600 名を超える障がい者の一般就労が実現しています。

 障害者雇用促進法の順守や CSR(企業の社会的責任)の高まりにより、障がい者の雇用に積極的に取り組む企業が増える一方で、採用は身体障がい者に集中しており、知的障がいや精神障がい者の雇用は遅れている状況にあります。
このような中、弊社では、就業機会の少ない障がい者の雇用拡大に向けて東京都板橋区に農園を開設いたします。同農園は8月3日にオープンし、知的・精神障がい者を中心に約 111 名の雇用が 創出される見込みです。今回の開設により、わーくはぴねす農園は全国 22 施設まで拡大いたします。

 今回、板橋区に開設する新農園は、官民連携によって実現した都内初の屋内型農園になります。従来の屋外型では、3,000 坪を超える敷地を必要とするため、都心部での展開が難しくなっておりましたが、屋内型新農園は、倉庫や建物の活用を前提としており、立地面において柔軟性が非常に高くなっています。
また、室内は障がい者の皆様のストレスを軽減するよう開放的な造りとなっており、独自仕様の栽培装置を取り入れることで安心・安全な環境も実現しています。屋内型農園では、これまで都心から遠方への通勤が困難だった方だけでなく、体温調節が苦手で屋外作業が難しかった方の就労も可能となっております。

エスプールグループでは、障がい者の職業的自立及び社会参加の支援を通じて、ノーマライゼーション社会の実現 に取り組んでまいります。

2. 農園の概要

[名 称] ソーシャルファーム わーくはぴねす農園 Plus 東京板橋
[所在地] 東京都板橋区2-6-25(JR 浮間舟渡駅 徒歩7分)
[面 積] 約 700 坪(2フロア)
[区画数] 222 区画
[開設日] 2020年8月3日