• 障がい者雇用

ニュース・セミナー

2020/06/22

[行政連携]東京都板橋区と連携協定を締結いたしました。

このたび東京都板橋区と連携し、同区内に農園を開設をすることが決定しましたので、下記の通りお知らせいたします。


1.連携の目的と概要

現在、障がい者の雇用状況は身体障がい者に集中しており、知的・精神障がい者の働く場を創出することが課題となっている中、板橋区は全ての障がい者の働く場づくりを推進しています。

区はSDGs(持続可能な開発目標)を見据えた持続可能な区政経営を目指しており、「SDGs先進度調査」では全国8位(東京都で1位)となっています。その中でも障がい者支援の分野では、区内に農園を展開することで、貧困対策、職業訓練の機会、平等、安心・安全な労働環境促進など、更なる取り組みを行うことが可能となります。

また、2021年の4月までには国の定める障がい者の「法定雇用率」がさらに0.1%引き上げ、2.3%となる予定でもあり、区内企業を中心に、企業の社会貢献活動との連動にも努めます。

今回の協定を機に板橋区と当社は、緊密な連携のもと8月に開設予定の「わーくはぴねす農園Plus板橋」を通じて、区内の障がい者雇用の促進を積極的に図るとともに、官民一体となった市民社会とのパートナーシップ構築を目指してまいります。

なお、従来のビニールハウス型の仕様では台風などの自然災害を受けることが多く、この度板橋区に開設する農園は、従来のビニールハウス型の仕様ではなく、初の屋内型の農園となっています。これまで、都心から遠方への通勤が困難だった方や、体温調節が苦手な方など、屋外作業に適していない障がい者の皆様にも就労機会を創出することが可能となります。

同区内に設立予定の農園は、111名の障がい者雇用が創出されるほか、障がい者をサポートするシニア、主婦主夫層の雇用が37名創出される見込みです。全国では 22施設まで拡大いたします。尚、「わーくはぴねす農園」は、既に全国 1600 名以上の障がい者の創出が実現しており、農園利用企業は約 280 社まで増加、これまで10年間の障がい者の定着率は 92% を超えております。

本協定に伴い、お披露目式を下記概要で実施する予定です。



2.「協定締結・お披露目式」詳細

[日 時] 2020年7月1日(水)11:00~12:00
[場 所] 板橋区役所(3階:区長会議室) 〒173-0004  東京都板橋区板橋2-66-1
[アクセス] 都営三田線 「板橋区役所前」駅 A3 出口より直結
[参 列 者] ・ 坂本 健 板橋区長
      ・ 板橋区ご関係者様
      ・ 和田 一紀 ㈱エスプールプラス社長


調印式の様子については後日、本ページにてお知らせをいたします。

前の記事
[記事掲載] 読売新聞など「わーくはぴねす農園さいたま川越」オープンに関する記事が掲載されました。