• 障がい者雇用

ニュース・セミナー

2020/02/19

[行政連携]愛知県小牧市と連携協定を締結いたしました。

このたび愛知県小牧市と連携し、同市内に農園を開設をすることが
決定しましたので、下記の通りお知らせいたします。


1.連携の目的と概要

現在、障がい者の雇用状況は身体障がい者に集中しており、知的・精神障がい者の働く場を創出することが課題となっている中、小牧市は全ての障がい者の働く場づくりを推進しています。

連携協定を締結することによって両者包括的な連携のもと、これまで就労機会が少なかった小牧市在住の知的・精神障がい者を中心とする障がい者の雇用創出に取り組みます。

同市内に設立予定の農園は、約 75 名の障がい者雇用が創出されるほか、障がい者をサポートするシニア、主婦主夫層の雇用が約 25 名創出される見込みです。愛知県内では 5 施設目となり、全国では 20 施設まで拡大いたします。

尚、「わーくはぴねす農園」は、既に全国 1400 名以上の障がい者の創出が実現しており、農園利用企業は約 240 社まで増加、これまで9年間の障がい者の定着率は 92% を超えております。


2.ファーム開設時期

2020年6月プレオープン予定


3.ファームの概要

[名 称] (仮称)ソーシャルファーム わーくはぴねす農園 あいち小牧
[所在地]  愛知小牧市大字下末964−8


調印式の様子については後日、本ページにてお知らせをいたします。
今しばしお待ちくださいませ。

前の記事 次の記事
ソーシャルファーム「わーくはぴねす農園 あいち東海」の開園式を執り行いました。 千葉大学環境健康フィールド科学センターの実習受け入れを実施いたしました。