• 障がい者雇用

ニュース・セミナー

2020/02/12

障がい者の雇用創出を目的とした「わーくはぴねす農園 」屋内型新農園を東京都板橋区に初開設

株式会社エスプールプラス(本社:東京都千代田区/社長執行役員:和田一紀)では、
このたび東京都板橋区に初の屋内型農園を開設することになりましたので、
下記の通りお知らせいたします。

1.屋内型農園開設の目的

エスプールプラスでは、「1人でも多くの障がい者雇用を創出し、社会に貢献する」を企業理念として、障がい者の雇用創出を目的とした企業向け貸し農園「わーくはぴねす農園」を、千葉県を中心に 18 施設運営しております。

現在、農園利用企業は 240 社まで増加し、1,400 名超の障がい者の一般就労が実現しており、
これまで9年間の定着率は 92%を超えています。

わーくはぴねす農園はビニールハウス型となっており、広い空間で伸び伸びと働くことができる仕様となっています。
しかし、昨今の台風など自然災害の影響を踏まえ、より安全に作業をできる環境を整備すること、また体温調整が苦手で屋外作業に適さない方にも就労機会を提供することを目的に
「屋内型農園」のサービスを開始いたします。
屋内型は天候の影響を受けにくいだけでなく、倉庫やビル、商業物件など
様々な施設を活用でき、広い用地を必要とする屋外型では難しかった都心部での展開も可能になります。

初の屋内型農園は、東京都板橋区にて6月にオープン予定で、約 93 名の障がい者の雇用創出を見込んでおります。
エスプールグループでは、障がい者の職業的自立及び社会参加の支援を通じて、
ユニバーサル就労の実現に取り組んでまいります。

※ ユニバーサル就労とは:様々な理由で働きたくとも働くことのできない人々が、本人の個性や状況に合わせて多様な働き方を可能にすること



2.屋内型農園の概要(仮)

[名 称] ソーシャルファーム わーくはぴねす農園 Plus 東京板橋
[所在地] 東京都板橋区(JR 浮間舟渡駅 徒歩7分)
[面 積] 713 坪(356 坪×2フロア)
[区画数] 186 区画(31 ユニット) (※)1ユニット6区画
[開設日] 2020 年6月



前の記事 次の記事
週刊朝日に弊社記事が掲載されました。 ソーシャルファーム「わーくはぴねす農園 あいち東海」の開園式を執り行いました。